kids_mammy_logo

子どもママのスキンケア キッズ&マミー

  • トップページ
  • やさしさのヒミツ
  • 生まれた理由
  • 使ってみたら
  • ムービーコレクション

facebook_button

       
  • セットご購入はこちらから
  •    
  • UVミルクご購入はこちらから
  •  
  • ローションご購入はこちらから
  • トップページ
  • 優しさの秘密
  • 生まれた理由
  • 使ってみたら
  • ムービーコレクション

やさしさのヒミツ 商品紹介

子どものお肌に直接つけるものなので、安心して使っていただけるよう安全性を考慮し、肌への負担や刺激を出来るだけ与えないことを目指して開発した「ノンパラベン」「ノンオイル」「無香料」の化粧品です。 また、外気にさらされがちな子どものお肌を乾燥から保護するため、化粧品の保湿・保水力を重視して開発しています。 UVミルクは石鹸でも洗い流せるように水ベースになっており、UV剤はSPF20PA++で紫外線からお肌をガードします。

こどもにやさしい成分を配合
ポリグルタミン酸は、アミノ酸の中でも保湿効果が高いといわれる成分。 肌に潤いを与えます。
ポリクオタニウム-51は、ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持ち、人間の体にある成分ととても近い構造をしており、肌になじみやすい成分です。

キッズ&マミー ローション

ローション イメージ
キーとなる成分
加水分解ヒアルロン酸 / セリン
加水分解ヒアルロン酸は、分子量を小さくしているため、皮膚の角質層への浸透性が従来のヒアルロン酸の2倍で、たっぷりと水分を保ちます。 セリンとは、NMF(天然保湿因子)の中に一番多く含まれているといわれるアミノ酸で外界からの刺激を防ぎながら、皮膚の水分を保持する働きがあります。
使用方法
朝夕の洗顔後、適量(500円玉程度)を手に取り、優しくパッティングしながら顔全体から首筋までなじませます。最後に手の平全体で顔を抑えると、肌になじみやすくなります。
全成分
水、DPG、ペンチレングリコール、グリセリン、BG、加水分解ヒアルロン酸、ポリグルタミン酸、ポリクオタニウム−51、クエン酸Na、クエン酸、アロエベラ葉エキス、セリン、フェノキシエタノール

title_uvmilk

UVミルク イメージ
キーとなる成分
クラドシホンノバエカレドニアエエキス / ポリクオタニウム-51
クラドシホンノバエカレドニアエエキスは、フコダインを含む海草エキス。紫外線などから肌を保護します。角質層まで浸透し、お肌の潤いを保ちます。
ポリクオタニウム-51は、外気にさらされがちなお肌を保護し、乾燥を防ぐ成分です。
使用方法
朝、化粧水で整えた後、適量(パール1粒程度)を手に取り、額、両頬、顎の4箇所に置き、内側から外側へと顔全体から首筋までのばして優しくなじませます。鼻筋や頬骨の上は指先で優しく重ねづけします。腕や脚にも使用できます。
全成分
水、DPG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ペンチレングリコール、メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、加水分解ヒアルロン酸、ポリグルタミン酸、クラドシホンノバエカレドニアエエキス、ポリシリコーン−14、エチルヘキシルグリセリン、デシルグルコシド、キサンタンガム、ポリクオタニウム-51、セリン、BG、PG、フェノキシエタノール
ご購入はこちらから ローション化粧水 UVミルク

トップページへ

成分説明

DPG(ジプロピレングリコール)
肌の保湿や柔軟を目的として配合されています。
肌への感触がしっとりしていて、ベタつきが少なく、伸びが良いという特徴があります。
ペンチレングリコール
肌の保湿や製品の抗菌を目的として配合されています。
グリセリンより、さっぱりとした感触をあたえます。
グリセリン
肌への保湿性が高いのが特徴です。
BG(1,3‐ブチレングリコール)
皮膚への刺激が少なく、潤いを与えみずみずしい感触の肌にする目的で化粧品に広く用いられている。
製品の抗菌作用もある。
フェノキシエタノール
製品の防腐剤として化粧品に使われる成分のひとつで、緑茶など自然界に天然物としても存在する成分。
クエン酸Na
PHを調整し安定した状態に保つ。お肌を弱酸性に整える効果もある。
※正常な皮膚の表面は弱酸性に保たれており、外的ダメージから守っている。
肌がアルカリ性に傾くとトラブルが起こりやすくなる。
クエン酸
肌表面のPHを調整し、弱酸性に整える成分。
※健康な皮膚の表面は弱酸性に保たれており、外的ダメージから皮膚を保護している。
ポリクオタニウム−51(リピジュア)
ヒアルロン酸の約2倍の保湿力で、水に流されたり汗に濡れても保水力が下がりにくい特長をもっている今話題の美容成分です。
さらに、皮膚を保護し、外気にさらされることによるダメージや乾燥などから肌を守ります。
人間の体にある成分ととても近い構造をしており、肌になじみやすいのが特徴です。
肌の乾燥、外気にさらされる肌を保護し、健やかに保ちます。
アロエベラ葉エキス
肌への保湿効果や肌荒れを防ぐ作用、収斂作用などがあります。天然成分であり、無添加化粧品に使われることが多い。
セリン
水分を保持する働きをするNMF(天然保湿因子)の中に一番多く含まれているアミノ酸のひとつです。
外界からの刺激を防ぎ、皮膚の水分を保持する働きがあります。コラーゲンよりも10倍もの保湿力を持っているといわれており、 肌にツヤやハリを与え、滑らかにします。
肌が本来持っている成分と近いため、肌になじみやすいのが特徴です。
ポリグルタミン酸
アミノ酸のひとつです。グルタミン酸が鎖のように繋がり合った成分で、アミノ酸の中でもお肌への保湿効果が高いとされる成分。
皮膚の水分と油分を補い、肌を乾燥から守ります。
加水分解ヒアルロン酸
低分子に精製・加工されたヒアルロン酸の新素材。
分子のサイズを小さくすることで、従来の約2倍の浸透性を持たせることができます。 加水分解ヒアルロン酸は肌の角質層まで浸透し、潤いを保つことに優れています。
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
メトキシケイヒ酸と2-エチルヘキシルアルコールのエステル。
紫外線吸収剤の一種で、日焼け止めなどに配合される成分です。
メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール
紫外線吸収剤の一種で、日焼け止めなどに配合される成分です。
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
高分子の乳化剤で、少量の配合でさまざまな油の乳化を助ける働きを持っており、乳化安定性にも優れています。
肌にうるおいを与え保湿効果もあるので、乾燥から肌を守る役目として配合されています。
t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン
紫外線吸収剤の一種で、日焼け止めなどに配合される成分です。
紫外線散乱剤である微粒子酸化チタン、酸化チタン、酸化亜鉛などと組み合わせて、多くの日焼け止め化粧品に配合されています。
ポリシリコーン−14
カプセル化した紫外線吸収剤などをコーティングする成分。 皮膚を保護するために配合される成分で、
低刺激性の日焼け止めなどに使われています。
有機ケイ素化合物のポリマー。
エチルヘキシルグリセリン
肌に潤いや柔軟性を与える成分です。
製品の防腐や原料由来の香りを穏やかにする目的としても使用されています。
デシルグルコシド
植物由来で低刺激であり、シャンプーなどに配合されています。
非イオン性界面活性剤です。
キサンタンガム
肌への保湿効果や製品に増粘を与える効果があります。
肌表面に膜をつくり、肌表面を保護しハリを出します。
クラドシホンノバエカレドニアエエキス
フコダインを含む海草エキスで、皮膚を保護するベールを作り、肌の乾燥を防ぎ保水性と弾力性を維持します。
PG(プロピレングリコール)
肌への保湿効果の高い成分。製品の防腐効果もある

トップページへ

Copyright © 2003-2012 Mio Inc. All Rights Reserved.