kids_mammy_logo

子どもママのスキンケア キッズ&マミー

  • トップページ
  • やさしさのヒミツ
  • 生まれた理由
  • 使ってみたら
  • ムービーコレクション

facebook_button

       
  • セットご購入はこちらから
  •    
  • UVミルクご購入はこちらから
  •  
  • ローションご購入はこちらから
  • トップページ
  • 優しさの秘密
  • 生まれた理由
  • 使ってみたら
  • ムービーコレクション

生まれた理由 開発秘話

外に出ることが多く紫外線などにさらされがちな環境のお肌は、どうケアするのが良いのだろう。
お外でいっぱい遊ばせたいけれど…
そんなスキンケアに関する悩みを持っているママがたくさんいる事を、子育てをする中で知りました。
女性は独身でも年をとっても、子どもを生んでも、いつもいつまでも美しく健やかな肌と生きて行きたい。 さらに愛する我が子にもそうあって欲しいと願うものです。
ママと子どもがいつも笑顔でいるために、私たちにできること。

2人の天使が舞い降りて
待望の長男ハルトが生まれて2年。
生まれて1年は、育児に家事に慌ただしく時が過ぎて、歩けるようになってからは家具の角をタオルで覆い、大事な物を口に頬張られないようにと隠す日々。
仕事復帰を考えていた矢先に、またも妊娠発覚!
もう、仕事は諦めないとなぁ〜なんて考えていたところ、
「いっぱい産んでもどってこい!」という社長の言葉に励まされ、無事に長女ユイが誕生。
毎日が嬉しくて、楽しい!
そして、毎日戦場に来たかの様な大戦闘。
ハルトがティッシュを出して遊んでるのを発見すると、ユイがその横でもしゃもしゃとティッシュをお召し上がり中…
「ママー」と呼ばれてみれば、私の口紅を片手にハルトが満面の笑み。ふとユイを見ると、なんともクリエイティブな形相になってますけどっ
ちょっと〜何その連携力!さすが兄妹!
1歳にならないユイにオイルクレンジングは酷だと思いつつも、ゴシゴシ洗浄。
ふと気づけば、ユイはハルトに比べて、肌が敏感な事に気づいた。冬になると、乾燥してさらに赤くカサカサになる。
ハルトは公園の砂場が大好きで、夏の炎天下でも冬の寒空の下でも、止めなければ何時間でも砂をいじっていられるタイプ。
ユイにクリエイティブな化粧をするだけあって、砂作品も独創的。砂とダンゴ虫を合わせてカレーライス。笑顔で「おいしいよ」と言われても…
ハルトは砂場好きだけあって冬もこんがり肌をキープ。
本当はあんまり紫外線をあびせたくないんだけど。

トップページへ

働かないと、2人育てられないけど
職場復帰が近づいてきて、慣らし保育が始まりました。
初日は、1時間預かってもらうのですが、この世の終わりかと思うほど泣くハルトとユイ。今まで、ずーっと一緒にいたからな。やっぱり働くの辞めようかなとちょっと弱気に。
園長先生には、「すぐ慣れますよ。そのうち帰らないって言い出しますから」なんて想像もできない話をされる。
しかし、3日目になって園長先生のお言葉は現実になる。明日からは6時間保育。
久しぶりに得た、一人の時間。仕事復帰に備えて服の準備や休み中に考えていた企画書をまとめる。
久しぶりに、ゆっくりと鏡を見る。
まじまじと自分の顔を見ると、出産前よりシミが濃く、増えた気がする。
化粧品会社に勤めてるとはいえ、育児と家事の忙しさにかまけてお手入れがおざなりになっていたからかしら。
それとも、毎日、子ども達とお外で遊んでいたから紫外線の影響!?
子ども達のお肌のコンディションも良いとは言えない。
ママと子どもが笑顔で元気にお外で遊ぶ為には、やっぱりスキンケアが大切だと痛感する。
出産前は気づかなかったけれど、私と同じ悩みを持つ親がいっぱいいるはず!
仕事復帰したら、一番に、子どもとママのお肌をやさしく守り、安心して使えることを目標にしたスキンケアを開発しなければ!
出社まであと2日しかないけれど、私の想いを企画書にぶつける。

トップページへ

職場復帰 果たして開発できるのか
そして、仕事復帰の日を迎え、復帰第一回の企画会議で企画書を議題に上げてもらった。
イクメンではない男性社員や独身者は、「それって売れるの?」「使う人少ないでしょ」と
否定的な意見ばかり。
しかし、女性は独身でも年をとっても、子どもを生んでも、いつもいつまでも美しく健やかな肌と生きて行きたい。さらに愛する我が子にもそうあって欲しいと願うものです。
確かに、使う人が少なくて売れないかもしれない。ただ、そんな悩みを持っている女性と子ども達を、基礎化粧品を通して幸せにしたいという願いがあるのです。
と、私の想いを熱弁する。
沈黙を守っていた社長がうなずく。「よし、子どもは人を一回り成長させるというが、この企画の趣旨はもっともだ。おまえが責任もって開発しなさい。日本の全てのママと子どもが笑顔にするんだ」と鶴の一声。
感動で体が震えた。
しかし、これからが本番。
子どもにも安心して使える基礎化粧品なら、子どもの肌への安全性も考慮しなければならない。
子どものお肌もママのお肌も健やかに保つ成分など果たしてあるのだろうか?夢いっぱいであったけれど、現実化するには何個も山を超えなければならなさそうだ。
原案ができ、研究員との打ち合わせの日々。

トップページへ

研究員の方には頭がさがります
ドクターズコスメも担当する研究員長に、成分については明るくない私が、あーでもない、こーでもないと執拗に口を出す。
あきれられているんだろうなと思い始めた頃に、研究員長から連絡があった。「ちょっと面白い成分がありましたので、資料をメールで送りますね。参考にしてください」
面白い成分って何?別に面白さは求めてないんだけど…。と思いつつもメールを開封してみる。
そこには、宮古島の海の写真。うーん美しい!旅行したいな…って仕事中ですけど!?とメールの本文に目をむけると、「この成分は宮古島の海藻から取れる希少な成分で、さらに、この成分を使う事によって宮古島の海の環境保護に貢献できます。」と記載があった。
子どもが大きくなっても、海は青く透き通って美しくあって欲しい。そして、その成分を配合した化粧品が肌を保護してくれるなら、こんな嬉しい事はない。
直ぐさま、研究所に連絡をとりこの成分を入れて化粧品の処方を作って欲しいと依頼。
一週間後、待ちに待った試作品が上がってきた!
ローションはしっとりとし、ミルクは伸びも良く満足した。そして、一番大切な子ども達へサンプルを配って使用してもらったところ…
「べとべとする!」「においがいや」と散々な結果。
ママの肌と子どもの肌の感じ方の違いと、添加物を極力減らすために香料も入れなかったため、原料のにおいが気になりやすかったのが原因のようでした。
その後、何度も試作を重ね、子どもとママの肌でも使用感がちょうどよい配合量を発見!
原料臭も、無香料を前提に成分を見直し、分量を替え、臭いが気にならない程度まで抑える事ができました!
パッケージは、子ども用のデザインではなく、ママも使って嬉しくなるようなかわいいデザインにしました。

トップページへ

家事と仕事の両立
仕事から帰ると、もーぐったり。
気力がもたなくて、外食する日も多々…あります。
ばたばたと時間に追われる日々、子どもに悪いなと思う時も正直あります。
ただ、毎日、朝晩に私が開発した商品を私の手を通して子どものスキンケアを行い、子どもの両頬を包みながら子どもの目をじっと見る。
子どもの笑顔を見ると、「また、明日もがんばろう」って気持ちが湧いてくる!
微熱があってもすぐにわかるし、子どもから意外な話が飛び出してきたりもします。
子どもも、保育園の中でいろいろな経験をして、母子でいた時よりも、ずっと成長するのを実感します。
日々、成長する我が子を記憶する大切な時間をスキンケアを通して持つ事ができました。
もちろん安全性を考慮し、母と子両方の肌に毎日使っていただけるよう開発しました。
私も忙しさで肌の手入れが行き届かず困っていたのですが、手軽に使え乾燥しがちな私の肌も健やかに保ってくれている感じです。
ポリグルタミン酸と加水分解ヒアルロン酸が肌の乾燥を防ぎ、海藻エキス(クラドシホンノバエカレドニアエエキス)がうるおいを与えてくれます。
外出などで紫外線などにさらされがちなお肌のために、肌を保護するアロエベラ葉エキス等の天然成分も配合しています。
子どもも私も使えて、手軽に買えるような価格設定にしました!
がんばって開発してよかった!自画自賛しちゃいます♪

トップページへ

困った時の祖母頼み
子どもも私も使えるなら、お義母さんも喜んで使ってくれるはず!というわけで、お義母さんの誕生日にローションとUVミルクのセットをプレゼントしてみました。
化粧品会社勤めの特典を生かして、お義母さんに何度か新商品のサンプルを持っていったけど「私の肌には合わないわ」と言って、ほとんど使ってくれなかったので、今回もダメ元でのプレゼント。
プレゼントをした事も忘れていたある日、お義母さんから電話があった。
お義母さん「こないだのアレ、なくなったから買いたいんだけど」
私 「へっ?アレって何!?」
お義母さん「化粧水と乳液よっ!あなたがプレゼントしてくれたでしょ!あれいいわ〜」
私 「!!!!」
まさか、あのお義母さんが気に入ってくれるとは思わなかったので絶句!
そして、なんとも言えない達成感!
たった一つの商品で広がる輪。全く予想していなかった小さな幸せの波紋が心地よい。
いろいろあったけど、商品化してよかったと心から思った。
子ども2人を育てていくのは、お金がかかる…
今度、子どもの誕生日には、ローションとUVミルクはお義母さんからプレゼントしてもらおうかな!?と画策中。

最後までお読み頂きありがとうございました。
子育てまっただ中で考え感じた事をカタチにしたら、“同じ悩みを持っている人もきっと喜ぶ!”
という信念の元、開発しました。
ぜひ一度、お試しください。

ご購入はこちらから ローション化粧水 UVミルク
Copyright © 2003-2012 Mio Inc. All Rights Reserved.